八ヶ岳の麓、大草原の収穫感謝祭

キープ協会の創設者、ポール・ラッシュ博士は、タバコとバーボンを愛したケンタッキー出身の小柄なアメリカ人。
不屈のフロンティア精神と崇高なボランティア精神を発揮して、八ヶ岳南麓を拠点に戦後日本の復興と民主化にその生涯を捧げました。
カンティフェア(カンティ=郡、フェア=お祭り)は古くからアメリカで広く行われている収穫感謝祭です。
博士は、このお祭りを「明日への希望」を信じ、挑戦する人々を励ますために1954年に始めました。
一時中断しましたが、1988年に博士来清50周年を記念して「ポール・ラッシュ祭〜八ヶ岳カンティフェア〜」として復活しました。

詳しくはこちら

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL